クレジットカード 分割

もしものときに!クレジットカード盗難保険

あなたは、自分のクレジットカードが盗難にあった場合のことを想定していますか?もし、盗難にあった場合間違えなく不正に利用されるでしょう。そうなってしまうと大変です。そうなってからどうすれば良いのかを考えるのは遅いと断言できます。では、どうすれば良いのか。簡単です。そうなる前に対策をすることです。

クレジットカードには、「盗難保険」というものを付帯させることができます。盗難保険とは、盗難されてそれが不正に使われた場合に、その損害を補填することができる保険のことです。盗難保険は、盗難にあったと気付いたら、カード会社または警察署へ連絡することで適用されます。

クレジットカードには、様々な保険を付帯させることができますが、盗難保険はその中でも最も基本的な保険です。

もしも、盗難保険が付帯されておらず盗難された場合には、気づいた時点ですぐにカード会社へ連絡することをおすすめします。たいてい、どこのカード会社も紛失や盗難に関しては、24時間体制で受け付けを行っています。連絡した日から60日前にさかのぼり、それ以降の損害をカード会社が負担してくれます。これについては、カード契約時の規約にもしっかり記載されております。

盗難保険付帯の有無に関わらず、盗難を想定してできることとしては、盗難時のサポートは何が適用外なのかということです。皆さんはカードの裏面に、署名をしていますか?実は、この署名がなく盗難にあった場合、サポート適用外になってしまうのです。この署名は忘れがちなので十分に注意したいところです。

このように、クレジットカードを持つならば「盗難保険」は絶対に必要だといえます。詐欺や事故などに、自分はまずあうことはないだろうと思っていませんか?もしも、そう思っていらっしゃるならばそれは間違えです。災難はだれにでも起こり得ます。災難こそ万人に平等なのです。以上のことを踏まえて、是非盗難保険をご利用ください。

個人事業主のためのクレジットカード

個人事業主になると、お金の管理は非常に重要になります。お金の管理を自分ですることで、無駄な出費を抑えることができます。これは、個人事業主にとっては基本的なことだといえるでしょう。

さて、個人事業主がクレジットカードを持つにはなにかとハードルが高いと思います。ですが、その中でもクレジットカードをお持ちの個人事業主の方は沢山いらっしゃいます。

個人事業主でクレジットカードを持つには、「審査」がポイントとなります。つまり、審査が通りやすいかそうでないかです。審査の通りやすさを調べる方法は、口コミやインターネットでの総評など探せば多くあります。

また、法人カードいうのがあり、これは原則3年以上の経営歴が必要でハードルが高めではありますが、利用明細書が経理のしやすいような作りになっており、お金の管理が重要となる個人事業主にとっては大助かりなカードです。

個人事業主としては、是非法人カードを持っていたいものです。というのも、お金の管理は基本的なことで重要とお話しましたが、法人カードですと、経費管理の一元化などのサポートがあるため利用明細データや利用記録の集計の際にはとても便利になります。
さらに、プライベート用と業務用との2つにクレジットカードを使い分けることによって経理の面で、かなり有効に活用することが期待できます。
また、法人カードでは業務上の急な出費に備えて、資金のバックアップサポートをしてくれます。そうした観点からも、法人カードの所持をおすすめします。

飛行機に乗って得をする!マイルが貯まるクレジットカード

「マイル」という言葉をご存知でしょうか。マイルとは、各航空会社でのポイントを意味し、マイル(ポイント)を貯めることで航空券と交換することができます。このサービスをマイレージサービスといいます。

そして、このマイレージサービスを受けるには、各航空会社でマイレージ会員登録する必要があります。登録が完了すると、専用のカードがお手元に届く事になりますが、利用するカードはクレジット機能付きのカードがおすすめです。

クレジット機能付きのカードですと、飛行機の予約と決済をはじめ、ショッピングなどでも使うことができるのです。

そこで、マイルを貯める方法をいくつか紹介します。
まずは、基本となる「飛行機を利用」する。飛行機の利用が多い方にとってはとってもお得だと思います。マイルは、約1.6kmの搭乗ごとに1マイル付与されます。そして、貯まったマイルは航空券との交換だけではなく、提示商品との交換、電子マネーへの交換、得なクーポンとの交換などさまざまなサービスを受けることができます。どんどん飛行機を利用しマイルを貯めたいですね。
マイルを貯める方法は、飛行機の利用だけではなく、クレジット機能付きのカードですと、各航空会社提携店での買い物で貯めることができます。

ちなみに、マイル交換は各航空会社によってさまざまですが、一般的に1,000マイルから交換が可能なようです。

このように、マイルの貯まるクレジットカードはとてもお得なのです。飛行機を利用されることの多い方は是非マイレージサービスを受けてみてはいかがでしょうか。

海外旅行もこれで安心!?海外旅行保険が付帯されているクレカ

海外旅行には、パスポートや航空券、それに身分証明書を持って行かれるかと思います。もうひとつ、クレジットカードも持っていくと大変便利です。

クレジットカードには、「海外旅行保険」を付帯することができるものがあります。海外旅行保険とは、海外への旅行にてゲカなどの事故が発生してしまった場合に有効な保険です。これがクレジットカードに付帯されていると、万が一旅行先でケガや事故が起こった場合への備えとして、安心して旅行を楽しむことができます。

海外旅行保険の適用範囲は以下の通りです。
●損害治療費用…交通事故などでケガをした場合
●疾病治療費用…病気になった場合
●傷害死亡・後遺障害…ケガによる死亡や後遺症が残った場合
●疾病死亡…病気が原因で死亡した場合
●賠償責任…他人にケガをさせたり、物を壊してしまった場合
●救援者費用…入院することになって、親族らが現地へ向かう場合
●携行品損害…持ち物が盗まれたり壊れたりした場合
●入院一時金…ケガまたは病気によって2日以上の入院が必要な場合
●航空機寄託手荷物遅延費用…航空機の遅延により手荷物が遅れ、身の回り品を購入した場合
●航空機遅延費用…航空機が遅延または欠航になった場合の、宿泊費や飲食費を負担した場合
●留守宅家財盗難…留守中の家財盗難にあった場合
●緊急一時帰国費用…急遽どうしても帰国が必要になってしまった場合

海外旅行保険では、こんなにも沢山の補償をしてくれるのです。そのため、海外旅行の際にはクレジットカードに海外旅行保険をできれば付帯させたいですね。しかも、国にもよりますが、日本のクレジットカードを海外で使用することができるため非常に便利です。ちなみに、その場合の支払いは日本円へ換算してくれての自動引き落としとなります。さらに、お持ちのクレジットカードにキャッシング機能が付いていれば、借入も行うことが可能です。

海外へ旅行する機会の多い方、またはこれから海外へ旅行される方は、海外旅行保険の付帯を検討されてみてはいかがでしょうか。

クレジットカードとキャッシュカードの違いってなに?

クレジットカードとキャッシュカード、その言葉を誰もが一度は耳にしたことがあるはずです。テレビを見ていてCMになったとき、雑誌を読んでいて広告のページに移ったとき、街を歩いているとき、電車に乗っているときなどなど、私たちの日常生活でもこれらの言葉はよく耳にします。しかし、両者の違いは?と聞かれたら、答えられるかというとなかなかズバっと答えられる人は少ないのではないかと思います。そこで、普段から耳に馴染んでいる「クレジットカード」と「キャッシュカード」の違いについて見ていこうと思います。

まず、クレジットカードとキャッシュカードとはどんなカードなのでしょうか。
クレジットカードは「後払いするためのカード」。キャッシュカードは「借入をするためのカード」です。これで、なんとなく両者の違いがお分かり頂けたかと思います。

クレジットカードは、利用する機会が多く、買い物や電子マネーの購入、さらには飛行機の予約などで使うという人が多いのではないかと思います。実際の利用では、商品購入でクレジットカードを使い、支払いの際には「後払い」として指定口座からの自動引き落としとなります。

キャッシュカードは、あまり使う人を見かけないと思いますが、お金を「借りたい」ときに使います。急な出費や家計のやりくり、ギャンブルで使ってしまう人もいますが、そうした背景には利便性があります。実際の利用では、設置されているATMを利用してその場で借りたい金額を借りることになります。返済方法に関しては、クレジットカード同様に指定口座からの自動引き落としになります。

両者の違いは、「後払い」か「借入」かだけではなく、支払いの際に上乗せするお金の呼称も違います。クレジットカードの場合は「手数料」、キャッシュカードの場合は「金利」という言い方をします。

さらに、支払い方法の種類にも違いがあります。
クレジットカードの場合、一括払い・2回払い・ボーナス一括払い・分割払い・リボルビング払いがあります。そのうち、一括払いと2回払いに関しては手数料が無料です。ボーナス一括払いは、手数料無料のカード会社がほとんどですが手数料のかかる場合があります。分割払いとリボルビング払いに関しては、手数料を支払わなければなりません。
キャッシュカードの場合、その支払い方法は基本的には一括払いとなっていますが、最近ではリボルビング払いのできるカードが増えています。

クレジットカードとキャッシュカードには、このような違いがあります。ですが、どちらも「利便性とスピード」に関しては共通しています。また、クレジットカードにキャッシュカードの機能を搭載した、キャッシング機能付きクレジットカードというのが主流になってきています。クレジットカードさえあれば「後払い」も「借入」もできてしまうというわけです。

両者の違いを理解する事で、より良い使い方ができるはずです。クレジットカードとキャッシュカードを上手く使い分けてみてください。

スピーディーに予約!新幹線のチケットをクレジットカードで買う

時代が進むとともに、様々な分野で急速な発展がみられます。サイエンスの分野に至っては、ほぼ毎日新しい発見があるくらいです。話は変わりまして、そうした急速な発展はクレジットカードでも同じように見ることができます。

もしかしたら、財布を持たないで出かけることが当たり前の方がいらっしゃるのではないでしょうか。クレジットカードの躍進により、一昔前では考えもしなかった「財布をもたない」というスタイル。驚きですね。

そんなクレジットカードですが、新幹線のチケット購入もできてしまいます。もちろん、予約で購入です。インターネット上から各新幹線のサイトへアクセスをし、予約手続きを行いますが、そのときにクレジットカード番号を使います。また、片道や往復などの利用条件も指定することが可能です。なんと、予約はこれで終わりなのです。すごく速いですよね。そして、なんといっても予約をするためにわざわざ駅で並ぶ必要がないのが魅力的です。

そして、実際の予約日に乗車する際は、インターネット上での予約に使ったクレジットカードをお持ちください。そして、窓口か券売機にてそのクレジットカードを使用し決済します。また、IC乗車サービスを利用する事でICカードをパネルにかざすだけで済ます事も可能です。

クレジットカードを使えば、新幹線の予約から乗車までのスピードが従来に比べて、何倍にも跳ね上がりました。もちろん、ここまでのスピーディな流れで「財布は使っていません」。こうなると、財布は不要かもしれませんね…。

このように、新幹線のチケット購入はクレジットカードを使う事によってかなりのスピードで行うことができます。ちなみに、新幹線に限らず飛行機の予約や搭乗の際にも、同じ要領で行うことができます。クレジットカードを使いスマートな乗車はいかがですか。

クレジットカードの切り替えで注意しなければならない事

現在持っているクレジットカードの能力を上げるために、ワンランク上のクレジットカードに切り替えたいとお考えになる方がいらっしゃるかと思います。もちろん、カードの切り替えは可能ですし、利用時の待遇も期待できます。しかし、それにはいくつか事前に注意しておかなければならないことがあります。

●カードによって条件がある
カード切り替えにあたって、プラチナカードやゴールドカードといった名前のカードをお考えになるかと思います。ですが、これらのカードに切り替えるには各カード会社で定めている条件があります。特に、申し込みのできる「年齢」にご注意ください。30歳以上や30代、20代の方のみというのが条件としてある場合があります。もちろん、条件に該当しない場合は切り替えを行う事はできません。ですので、こうした条件を事前にチェックなさってください。

●切り替えるカードの種類にご注意
切り替え前によくご確認ください。切り替えようとするカードの年会費やサービスです。もしも、切り替え後に望んでいなかったサービスなどで手数料がかかった場合に損をする可能性もあります。ですので、切り替え前に本当に切り替えが必要かどうかの再度検討を行ってください。

●切り替え後のカード番号
カード切り替えを行うと、番号が必ず変わります。そのため、これまで使用していた番号が使えなくなるのでご注意ください。

●公共料金の支払い
公共料金をクレジットカードで支払っていた場合、カード切り替えを行うとカード番号と有効期限が変わるため、そのままでは公共料金の支払いができません。ですので、必ず変更手続きを行ってください。

●ブランドの切り替え
ブランドは切り替えることができません。ブランドを切り替える場合には、新規に希望のブランド申し込みをしなければなりません。

以上が、カード切り替えにあたって事前に注意しておかなければならない事項になります。特に、公共料金の支払いに関しては注意して頂きたいと思います。

銀行系クレジットカードとは!?

クレジットカードと一言でいっても、系統があります。クレジットカードの会社には大きく分けて、「銀行系」と「消費者金融系」の2つがあります。そのうち、消費者金融系とはよくサラ金という言われ方をしますが、個人へお金の貸付を行うことを主な業務としている業者のことをいいます。今回は、「銀行系」のクレジットカードについて解説していこうと思います。

まずは、「銀行系」についてです。銀行系とは、銀行とその関連会社を指します。そして、そこで発行しているクレジットカードのことを「銀行系クレジットカード」といいます。

銀行系と消費者金融系とでは、使い方に違いはありませんが、銀行系クレジットカードだと銀行系ならではのサービスが受けられるのが最大の特徴といえます。住宅ローンや各種手数料などの優遇をはじめ、クレジットカードを契約した銀行のサービスと連動しているため、大変使いやすく便利だといえます。地方銀行の発行しているクレジットカードの場合ですと、その地方での買い物にてポイントの付加などがあり、お得なサービスを受けることができます。

また、様々な充実した保険を付帯させることができるのも特徴としてあげることができます。海外への旅行でケガなどをした際に有効な海外旅行損害保険や、クレジットカードを利用して商品を購入後に破損や盗難などが発生した場合に有効なお買い物安心保険、飛行機の遅延・欠航や手荷物の遅延・紛失などによって負担することになった費用の補償が受けられる航空便遅延保険などがあります。

このように、銀行系クレジットカードはサービスの優待が期待できます。銀行系クレジットカードで、銀行系ならではの良質なサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードの限度額基礎

クレジットカードには限度額というものがあります。それは、クレジットカード申し込み時の審査で決まります。クレジットカードをはじめとする金融商品は「消費者信用」のもとで成り立っています。クレジットカードでの後払いでも、キャッシングなどでの借入の返済でも、利用者に「支払い能力」がなければ、そもそもこれらのサービスを利用する事はできません。この支払い能力の有無を金融業界では「信用」と呼びます。

そこで、クレジットカードの限度額についてですが、冒頭で限度額は審査で決まるとお話しましたが、限度額はクレジット機能の使いすぎを防止するために設けられています。限度額が無制限で、しかもかなりの額を使い込んだとしましょう。果たして、利用者にはそのかなりの額を支払う能力があるのでしょうか。十分に支払い能力があり、きちんと支払いが完了されれば問題はありませんが、とても支払うことができず結局支払えなかったとしたら、カード会社としては頭を抱えてしまいます。なぜなら、利用者からの手数料がカード会社の収益だからです。

そのため、各カード会社は審査の段階で利用者に対して利用限度額を設けているのです。これは、使いすぎなどから利用者を守るために設けられているのと同じことです。

万が一、限度額いっぱいまでクレジットカードを利用してしまった場合には、カード会社は「利用停止」という措置を取ることがあります。これは、利用者を守るための措置ですが、一度利用停止になってしまうと、クレジット機能が使えなくなってしまうだけではなく、利用者の情報を管理している「個人信用情報機関」にて履歴として残されてしまいます。そうなると、クレジットカードもそうですが、その他金融商品の利用も難しくなります。

限度額は、個人の信用度の高さによって変わります。条件によっては、限度額を上げることも可能です。

以上が、クレジットカードの限度額についての基礎知識になります。これらのことを理解し正しくクレジットカードを利用しましょう。

賢く使い分け!クレジットカードのキャッシング機能

クレジットカードには、キャッシング機能を付帯させることができます。カード会社にもよりますが、キャッシング機能付きクレジットカードを導入する動きは強まってきています。そこで、せっかくクレジットカードにキャッシング機能が付いているのだから賢く使い分けてみましょう。

キャッシング機能付きクレジットカードは、クレジット機能とキャッシング機能が付いています。クレジット機能は「後払い」、キャッシング機能は「借入」と覚えておきましょう。

クレジット機能の使い方は、クレジットカードのメインとなる部分です。買い物などで、手元に現金がなくてもクレジットカードがあれば商品を後払いというかたちで購入することができますね。
また、クレジット機能を利用した場合、その支払い方法は大きく分けて5つあります。翌月に指定口座から一括自動引き落としになる「一括払い」、一括払いを2回の月に分けて支払う「2回払い」、ボーナス月に一括して支払う「ボーナス一括払い」、支払い回数3回以上の提示されている支払い回数の中から支払い回数を選択して支払う「分割払い」、商品購入におけるクレジット機能利用残高が0になるまで支払いを続ける「リボルビング払い」の5つです。

キャッシング機能の使い方は、お金を借りることにあります。急な出費や、家計のやりくりで困ったときなど、キャッシング機能の使い方は十人十色です。お金を借りることができる機能であるため、当然ながら返済をしなければなりません。
キャッシングとは、カード会社によってその定義は異なります。基本的に、キャッシングというと「一括払い」のことを指します。一括払いのほかに、「リボルビング払い」もあります。この2つの支払い方式は、クレジット機能で説明したことと同一の方式になります。

支払いにおけるニュアンスとしては、クレジット機能は「支払い」、キャッシング機能は「返済」となります。そこが両者の大きな違いです。

現金いらずスピード商品購入の「クレジット機能」と、お金に困ったときのスピード借入の「キャッシング機能」。どちらも便利でとても助かりますが、注目したい部分はやはり「スピード」でしょう。いちいち財布からお金を出さなくてもクレジット機能でササっと支払い。複雑な手続きがいらず、お金を借りたいと思ったらすぐに借入が可能なキャッシング機能。そのスピードを活かし、各機能を理解して上手に両者を使い分けてみてください。そうすれば、今まで以上に賢く利用することができるはずです。